イメージ1

脱毛にはいくつか種類

脱毛にはいくつか種類があり、効果が高いのが針脱毛と医療レーザー脱毛で、これらは医療行為に当たるため医療機関でしか行えず、医療脱毛とも呼ばれます。
エステや脱毛サロンでは医療行為が行えない為、医療脱毛よりも効果が弱いフラッシュ脱毛が主流になっています。
医療脱毛やフラッシュ脱毛など、名前は違いますが、基本的には大体同じ流れで脱毛をしていきます。


針脱毛は毛穴に針を刺しそこから微弱電流を流して毛根を破壊し、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、メラニン色素に吸収される特性があるレーザーや光を照射し、毛根に熱を持たす事で、毛根組織に刺激を与えながら行っていきます。
どの脱毛法も、毛根に対して刺激を与える事で、毛が抜け、次に生えてこないようにしていく方法です。
そしてどの脱毛法も施術時に、成長期と呼ばれる状態に毛にしか効果がなく、毛の生える周期に合わせて何度か施術を繰り返す事でムダ毛の生えてこない肌にしていきます。
その為、基本的な仕組みや流れは殆ど同じなのです。
これらの脱毛法の大きな違いは、その効果や痛みなどです。
医療脱毛と呼ばれる針脱毛はと医療レーザー脱毛は毛根を破壊しながら施術を行うので、次に生えてこなくする効果が高いです。


ですが、痛みが強く、針脱毛は男性でも耐えるのが大変な痛みを感じる事もあります。
それに対してフラッシュ脱毛は、効果が少し弱く脱毛完了までに多くの回数が必要となりますが、痛みが少ないというメリットがあります。